​合気道と
合気道は開祖植芝盛平翁(1883~1969年)が日本伝統の武術の奥義を極め、さらに厳しい修業を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに力で争いません。
入り身と転換の体捌きから生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね心身の鍛錬を図るのを目的としています。
合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合を行いません。おたがいを尊重するという姿勢を貫く合気道は命の大切さを訴えられる現代に相応しい武道と言えるでしょう。
​(出典:「規範 合気道」より)
初代道主(開祖)
植芝盛平
​(1883~1969年)
二代道主
植芝吉祥丸
​(1921~1999年)
三代道主
植芝守央
​(1951~

​立川市合気道会